着実にスキーを飛行機で運んでもらうには

飛行機でスキーに行く場合に自分が目的地に飛行機で行くだけでなくスキーも飛行機に預けて運んでもらう必要があります。
しかし実際に預ける際の細かい条件は各社によって異なります。
このため、前回と航空会社を変えた場合などは前と同じ手続き方法でスキーを預けることができない可能性があります。
このため、荷物を預けることに関してはあらかじめ調べておいてトラブルが発生しないようにしておく必要があります。
なお一般的には会社によって預ける上で事前連絡を必要とする場合と必要としない場合があります。予約のタイミングも航空券を予約したタイミングで荷物を預けたいことを知らせなくてはいけない場合があります。

またコールセンターに運んでほしい荷物があることを知らせておく必要があります。重さについても例えば、持ち込む荷物の上限が32キロまでに制限している会社もあります。

長さについても制限が設けられている場合があります。

ナガシマで格安情報探しにちょうど良い情報をご用意いたしました。

会社によって長さの上限を1.9メートルとしているところがあります。



このことから重さや長さを予約前に測っておいて、予約とともにその航空会社で荷物は事前に予約しておかなければいけないのかどうかを調べて、もし予約しなければいけないのであればどのタイミングで予約すれば良いのかを調べます。

荷物の予約をした場合に予約番号などが発行される場合はそれをメモして実際に荷物を預ける際に提示してください。



番号の照合に特に何も問題がなければ荷物を預けることができます。